印象の良い優秀な名刺デザインとは

名刺はビジネスマンにとって、身だしなみや表情と同じくらい重要な要素と言っても過言ではありません。取引先の場合、ことあるごとに先方に確認される可能性のあるアイテムですから、その都度相手に与える印象は大きな意味を持ってくることもあります。もちろん、業種・業態によって名刺デザインの傾向は変わってくるものですが、一般的に見て印象が良いと思われる名刺の、ある程度のセオリーは存在します。それには主にデザインや仕様などのハード的な部分ではなく、名刺をデザインするにあたってのコンセプトや心配りという、ソフト面が重要なポイントとなってくることでしょう。ここでは、ビジネスにとってマイナスになりかねない注意点を探ることによって、印象の良い優秀な名刺デザインとは何かを探っていきます。

過度な自己主張や個性のアピールには注意が必要

一般的な企業であれば、たいてい会社で用意されたテンプレートがあります。それが歴史ある企業なら、最初の段階で何らかの形でプロの手が介入し、ベストと思われるものを選択した上でテンプレートとしている場合がほとんどですから、こういった名刺において個性よりも企業イメージが優先されるのは当然のことですね。しかし、個人経営の店舗や個人事業主の方の名刺では、時々自己主張や個性を追い求めるあまりに、ビジネスにおける信頼感や誠実さを損ねてしまっているデザイン例を見かけることがあります。もちろん、ノリやオシャレ感を大切にする業種であれば、ある程度羽目を外したようなデザインも効果を生む場合がありますが、一部の常連客にしか通用しない内輪ノリのネタが含まれていたり、ビジネスに相応しくないキャッチコピーが刻まれた名刺などは、個性以前に信頼感に響いてしまうもの。名刺はあくまでも渡す相手があってこそ成立するアイテムであるということを忘れないようにしたいものです。

過ぎたるは及ばざるがごとしを念頭に置く

自由なデザインが認められている企業の場合は、ある程度の個性を反映させて名刺を作る方もいらっしゃいます。名刺に個性を刻むことは高い営業効果を生むこともありますから、羽目を外し過ぎないオシャレ感の追及は意義があると言えるでしょう。複数の肩書や資格を持っている方は、それらを全部詰め込みたくなるような心情もありますよね。中には細かいプロフィールやキャッチコピーのようなものまで掲載されている名刺も見かけることがあります。ビジネスに関わる大切な情報を名刺に記載するのは大切なことですが、情報過多になりすぎてメリハリのないデザインは、受け取る相手に不親切な印象を与えることもあります。少子高齢化のこの時代、取引先のお相手の中にはご高齢の方がいらっしゃることもあるでしょう。そういった時は、オシャレ感よりも見やすさが好印象を呼び込むこともあります。名刺をデザインするときは、ピンポイントで限られた層にアプローチする要素を目一杯詰め込むのではなく、ある程度の見やすさを保った上でさりげない個性を匂わせる程度のデザインが、もっとも好印象を与える例と言えるのではないでしょうか。