名刺のデザインで決まるあなたの印象

個人経営や店舗で使用するオリジナルデザインはもちろんのこと、企業の肩書を背負っている方でも自由度の高い名刺を使っている場合は、そのデザインがそのまま持っている人の嗜好や人間性を反映することがあります。全員が同じテンプレートになっている法人名刺が制服のようなものだとすると、オリジナルデザインの名刺は仕事に着てゆく私服のようなもの。そのデザインがビジネスに影響を与えることは、これで何となくおわかり頂けますね。どのような場面においても、人は初めて会う人の印象をあらゆる要素で判断しようとします。ビジネスシーンにおいては、名刺デザインもその重要な要素のひとつ。それを意識して作成するかどうかで仕事の流れが変わる可能性もあるのではないでしょうか。しっかりと自分に求められているものを自覚し、お客様のニーズに合った名刺デザインを心がけていきましょう。

オリジナルデザインが認められている企業や組織なら

近頃はお役所系の仕事でもオリジナルデザインが認められている職場が増えてきました。昔と違って「名刺は個人が使用するものだから経費にはならない」という考え方の企業も増えたことから、会社の予算が出ないケースもあり、そういった環境が自由な名刺デザインを生んでいるのは面白いものですね。中には、まるで洋服を着替えるように、足りなくなった名刺を補充するたびにデザインを変えて楽しんでいる方もいるようです。同じ経費をかけるならと日常に小さな楽しみを見出すことは素晴らしいことですね。ただ、いくらテンプレートがなくても、名刺は個人の印象と同時にその人が属している企業や団体のイメージをも体現するものです。自らが社や組織の名前を背負っているのだという自覚は常に忘れず、所属団体のコンセプトを損なわない範囲で楽しみたいものですね。

個性重視の店舗や企業は最大限の遊び心で

世の中には、企業の力ではなく個人の個性がものを言う職種というものも存在します。独立自営業はもちろんのこと、アパレル系ショップの店員さんやバーなどのフロアレディ、デザイナーや芸能系の職種など、個性重視の職業なら、思い切った遊び心をふんだんに取り入れた名刺デザインが仕事を呼び込むきっかけになる場合もあります。個性重視の職業なら、自分の感性やセンスをフルに発揮したデザインで、サービスや商品のPRを大胆に取り入れていきたいものですね。ただし、これはどのようなプロモーション活動にも言えることですが、個性を発揮するにも顧客のニーズを考えることは非常に大切です。独り善がりなPRの仕方では、ターゲットに訴求するどころか、逆に客足を遠ざけてしまう可能性さえあります。どのような個性を詰め込む場合にも、お客様が自分に求めているものを冷静に見つめることができる第三者視点は絶対に忘れないようにしましょう。それがあなたの印象をアップさせる名刺デザインをする上での重要なポイントになります。